心臓手術と臨死体験をするなど4回も心臓疾患の闘病記 18年2月10日神様の元に旅立ちました 娘が代理投函してます


by toubyou53
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
高血圧は、遺伝的なものが大きな素因だが、T沢先生の教えや道教の教えをよく理解し、正しい心のあり方、正しい食生活、適度な運動など習慣づけた日常生活を送れば、心筋梗塞、狭心症などの心臓病、また脳梗塞や脳出血などの脳疾患などの「成人病」は無縁なものとなるのである。

成人病予防の図書、小冊子、パンフレットなどは、一般企業の出版社を始め、国、地方自治体、各企業などなど、それこそ無数に出版、発行されているが、果してどれだけ活用され、どれだけ成人病予防に役立っていたかは、はなはだ疑問??? 
とくに官公庁関連の出版は予算消化の感覚が強く、なんのモチベーションもなく漫然として業務を勧めていたのではなかったか。

しかし国策として「成人病予防」が前面に打ちだされたからには、今までの意識を改革し、組織の先輩、退職者たちを、「絶対、成人病にさせないのだ」という高邁な使命感、モチベーションを強くもって関連の成人病予防の諸作業を推進してもらいたいものであります。
それが成人病予防敗残者である小生からの強い願望であり、これからの日本を支える後輩たちへのエールでもあります。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-07-17 23:21 | 残された人生を爽やかに生き
食生活について

  暴飲暴食せず腹八分、自然の草木を多く、塩分少なく、肉少なく、魚多くの食生活を送れば、楽しき健康的な一生が送れる。                                    食事のバランスを崩せば、「楽しき人生は薬の世話になる」と教えている。             3000年前の道教の教えは現代とまったく同じであることには驚嘆するばかりである。

病気になった時

  医者(漢方医)にかかって草根木皮で作った薬(漢方薬)を飲む。                また、適度な運動(太極拳のもと)や調息法(座禅のもと)など現代でも行われている健康法を教えている。
その頃、日本は未だ国というものがない、狩猟生活が主流の縄文時代の後半で稲作栽培もなく、戦争も争いもほとんどない自然と共生していた「安らぎの時代」であったが、
中国では、すでに中華思想(中国こそ世界一、当時は東洋を指さす、考え方)が芽生えつつあり、日本より格段に、国家理念の高かった時代である。

 小生は、高血圧症から心筋梗塞となって10時間にも及ぶ高沢先生のゴールドハンドによる大手術によって、一命をとりとめることができたが、その原因は何かと考える時、まず遺伝的DNAが大きな素因とはいえ、理想体重58キロを超えて腹回り100センチを超える肥満状態になるような不摂生な食生活、さらに運動不足、加えて町医者の未熟幼稚な診断が相乗したものと考えられる。

論語に曰く

   行わざる前に知る、知者と言う
  行って後に知る、 智者と言う
  行って知らざる、 愚者と言う

と説く。小生は、結果が起きて初めて反省する「智者」であったが、これから残り少なき人生は、行わざる前に知る「知者」であらねばならない。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-07-14 22:22 | 残された人生を爽やかに生き
心のあり方

  虚無活淡、無為清浄、謙遜保身を続ければ、自然と一体となって健康な生活が送れるという。このような精神状態は、
「三歳の赤子が笑みを浮かべてスヤスヤ眠っている安らかな心」を言う。ストレスの充満する現代社会ではこのような安らぎの精神状態を保つのはなかなか難しいことである。

しかし心のあり方としては現代でも十分通用する考え方であり、競争社会の激化している現代社会では国の重点政策とするべき重要な要素を含んでいるのではではないだろうか。

20代,30代,40代の心因性心臓疾患が急激に増えているのを、日本を代表する知性高き高級官僚の方々は知っているのだろうか?
数字のみを眺めていないで一度は地方の病院の実態を視察なされ、彼らを救うために、恵まれた知能を最高度に発揮し、日本の若者たちを救ってもらいたいという願望がふつふつと沸き立っています。 
これについては、別項で小生の考えを述べてみたい。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-06-20 19:38 | 残された人生を爽やかに生き
中国に仏教、儒教とならんで道教なる教えがある。                           道教は、中国三千年の歴史を秘めた民間信仰をもとに、現世の幸福や長寿などの現世利益を目的とする神仙思想(人は修養により不老、不死の仙人になれるとの考え方)を中心に易、陰陽五行、天文、星占いなどの説を取り入れ、孔子と並ぶ老子なる哲学者が、これらを系統化、宗教的化、学問的化して纏め上げた「人間の生き方」の教えで、中国民衆の心の支え、心のよりどころとなっている。
道教を知らず中国民衆の心を理解するのは難しい。

「人間の幸福とは何か」との問いに

「健康である。三度、三度の食事が美味しく食べられること、地位も名誉も権力も何も要らない、健康こそ至福だ」

と単純明快に答えており、紀元前250年に、18歳の若年で中国を統一した秦の始皇帝は、国の安定と平和を図るべくこの道教を国教にしていたのである。
この教理を原点として、具体的に人間の生き方を教えている。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-05-28 23:17 | 残された人生を爽やかに生き

納骨 娘よりの投稿

f0032855_2345271.jpg
本日5月14日は 父の納骨でした。
無事にお墓もたって 一区切りです。
雨も上がって よかったぁ~。
早いものですね、もう お墓に入ってしまうなんて‥
でも 父は偉い!
自分のお金で 私たちに負担かけることもなく 
墓所・墓石を ちゃんと出来たのですからね。




f0032855_23503534.jpg

お墓は 高台にあって 下に川流れてます。
天気の良い日は 正面に富士山を 見ることが出来ます。
ここの 墓所は 新しく開発された所なので 明るくキレイなと所で実家からも
車ですぐなので ちょくちょくお墓参りに行くね、お父さん!

そうそう!父のパソは 購入して2年位ですが なんだか調子が悪いのでリカバリー
することに(/_;)
取り合えず 中身は私が持っていった デジカメのメモリーに移すことが出来ました
ので セーフ!
怖いのでウィルスチェックもしましたが 大丈夫でした。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-05-14 23:55 | 神様の元へ旅立った父 娘より
「勇将のもとに弱卒なし」、
このナースにも当てはまる。25名余の部下たちは、性格、持味をそれぞれに生かしナイチンゲールの「ともし火」である

初心、誇り、誠実、愛、笑顔、責任の誓いを今日も忠実に実践、私心を捨てた生き生きとしたナースアクションはナイチンゲールの再来を思わせるものがある。

忘れてならないのは看護助士4名の活動である。各室への配膳、ベットの整理、洗濯、風呂の立会い、時に各種検査室に手押し車で患者を送迎するなど、ナースアクションを下支えする仕事に情熱を燃やし、わき目もふらず黙々と活動しているが、彼女ら4名の存在は「ナースアクションを支える根幹」ではないかと思う。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-05-11 23:04 | 命のオアシス、ナースセンター
8人体制の昼間時間帯は比較的楽に対応できるが、18:30~9:00の4人体制の夜間、深夜、早朝時間帯は睡魔を振り払い一刻も息のつけない忙しさ、東の空が白む頃、やっと一息つけるのである。

ナースの仕事はこれだけではない。点滴や採血、病状の聞き取り、各種の検査、ハイケアー室の重篤者看護など本来の任務もこなさなければならず、患者の命綱、命のオアシスである看護師たちが東の病室、西の病室へと駆け回る不眠不休の活動を目のあたりにして本当に頭の下がる思いがする。

ナースを指揮監督する看護師長(現在は科長)は、何か甘えたくなるような
「日本的母親のオーラと、暖かい、包みこむような包容力」
が感じられ、統率力も自然体で理想的な看護師長とお見受けした。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-04-27 22:48 | 命のオアシス、ナースセンター
            命のオアシス、ナースセンター


 循環器系専用病棟は16室定員55名いつも満室状態、患者のオアシス、ナースセンターは、病棟中央部、重篤者用ハイケアー室(4名)はセンターの中央部にある。
ここで活動する看護師は25名余

8;30~17:00、15:00~23::00
23:00~900(平成14年当時) 
の変則3部制で8:30~17:00の昼間時間帯は8人体制、18:30~9:00の夜間、早朝時間帯は4人体制である。

センターには当直医は常駐せず、病院全体の当直医と循環器コール当番医師が緊急事態をカバーしている。センター内には

(1)携帯型心電図器(常時25名余装着)の心電図テレビモニターは、患者の心電図を常時映し出している。

(2)病室の患者とナースを結ぶインターホーン

(3)簡易コンビューター付点滴器とナースを繋ぐインターホーンなどがあり、これらがナースと患者を結ぶ命綱となっている。

そして点滴器に異常が起きるとキンコーン、キンコーンと警告音がけたたましく鳴り響いたり、心電図モニターテレビに異常を発見するとその都度飛び出すが、点滴器に空気が詰まって液が落ちない、携帯心電図器のはずれなど殆んど狼少年的異常であるが、時には重篤的メッセージもあるので一寸の油断もできない。
また患者とナースを結ぶ声のインターホーンはブブー、ブブーとひっきりなしに患者からメッセージ、キンコーン、キンコー、けたたましい警告音とメッセージ、さらに心電図モニターの異常など、まさにナースセンターは戦場そのものである。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-04-21 21:09 | 命のオアシス、ナースセンター
また病室病棟はまさに人生の縮図、社会の縮図、一人ひとりをズームアップしその人生を観察すると、小説や映画もどきの人生ドラマ、社会的ドラマがそれぞれ展開され、特記すべき10余人について聞き取り記録したが、プライバシーに関するので、一例のみ紹介する。

今年の春この病院で、風船により冠状動脈を広げた79歳の老人が半年後に検査入院した。 この老人は茨城県牛久市の豪農の長男として生まれたが農業を嫌い、進駐軍のGIたちに春を売る夜の女たちの上に君臨する裏社会の組織に入り、GIたちと女たちの提灯持ち、ラブレーターの代書、あるいは進駐軍物資の横流しなど、全国の進駐軍基地を飛び回り、傍弱無人の青春を送ったが、杉並生まれの小股の切れ上がった綺麗な、きれいな女と恋仲になり同棲  築地の魚市場で堅気になって働く。                                      そしてあるスポンサーの資金協力を得て「魚の乾物問屋」の権利を買い、昭和30年初頭で1日300万円、歳末時には1億円余の売り上げがあるなど商売は隆盛、数億の資産を作ったが「平成」の時代となり、問屋商売は時代遅れの存在になると、時代の変化を先読みし、問屋の権利を数億で売り、以後商売から足を洗って蓮田市内に宅地250坪、延坪120坪の豪邸を新築、1500万余の日本最高級の特別オーダーの乗用車センチュリーを乗り回すなど、リッチな悠々自適の老後を送っている。  

半年後の検査は見事合格、1泊のみで帰宅した。まさに映画や小説を地で行くような魚河岸大成功の痛快人生、もっと聞きたく豪邸を訪ねたくなった。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-04-20 23:08 | 病室病棟は人生、社会の縮図
小泉政権は、時代にマッチしたベストと思われる政策を積極果敢に次々と断行、大量の膿を出して、平成不況を脱しつつある日本の現状であるが、それにしても小泉純一郎首相は「男の中を男100年に一度の大、大政治家」、日本の政治史に燦然と輝く不滅の大政治家だと賛辞と贈ることを惜しまない。

しかし、彼の本意は「健康保険の民営化」の腹だと言われており、健保関係の改革改善は不可欠なるも、世界に冠たる保険業務の民営化は、医療業界が総力を挙げて阻止すべきと思うが如何か。それには医療業界自身の自浄作用が不可欠であると思う。
保険の民営化後は、アメリカ(ユダヤ)資本が禿鷹のように狙ってることはご存知のはず。
今度こそ本当の意味で「日本医師連盟の出番」であるという考え方は、門外漢の小生には生意気な意見かも知れないが。

 上記二例のような平成不況の痛み、社会の窓ともいえる事例は他にも多く見られるのである。
[PR]
# by toubyou53 | 2006-04-10 00:32 | 病室病棟は人生、社会の縮図